いじめ防止対策推進法

2013年9月28日より施行されたいじめ防止対策推進法。

内容は一体どのようなものなのでしょうか。

基本理念は

[児童が安心して学習その他の活動に取り組むことができるよう、学校の内外を問わずいじめが行われなくなるようにする。]

となっています。

いじめ防止対策推進法の目的は?

  • 児童等の尊厳を保持する。
  • いじめの防止等の為の対策に関し、基本理念を定め、国及び地方公共団体とうの責務を明らかにする。
  • いじめの防止等の為の対策に関する基本的な方針の策定について定める。
  • いじめの防止等の為の対策の基本となる事項を定める。
  • いじめの防止等の為の対策を総合的かつ効果的に推進する。


実施される対策は?

  • 全ての教育活動を通じた道徳教育及び体験活動等の充実を図り、児童等の豊かな情操と道徳心を育む。
  • いじめの早期発見のため、児童等およびその保護者や教職員がいじめに係わる相談を行う相談体制の整備。
  • 学校・家庭・地域社会及び民間団体の間の連携の強化、民間団体の支援その他必要な体制の整備に務める。
  • インターネットを通じて行われるいじめに対する対策の推進。
  • 各学校に複数の教職員、心理、福祉等に関する専門的な知識を有する者その他の関係者により構成されるいじめの防止等の対策の為の組織を置く。
  • いじめの事実があると思われる時は、いじめを受けたと思われる児童等が在籍する学校への通報その他の適切な措置を取る。
  • 学校は、いじめが犯罪行為として取り扱われるべきものであると認める時は所轄警察署と連携してこれに対処する。児童等の生命、身体または財産に重大な被害が生じるおそれがあるときは直ちに所轄警察署に通報し、適切に援助を求めなければならない。

重大な事態への対処は?

  • いじめにより児童等の生命、心身または財産に重大な被害が生じた疑いがあると認められる等の場合には、その事態に対処し、及び当該重大事態と同種の事態の発生の防止に資するため、速やかに重大事態に係わる事実関係を明確にするための調査を行う。
  • 重大事態が発生した場合には、学校の設置者等は、調査を行う事ができる。またその調査の結果を踏まえ、当該調査に係わる重大事態の対処または当該重大事態と同種の事態の発生の防止のために必要な措置を講ずる。

Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

まだデータがありません。