よく見かける『食べ放題』。利益はどれくらい?

外食時によく見かける食べ放題。1人90分間1980円など時間や価格設定もまちまちだが、どれだけ利益があるのだろう。

同じ店舗で1000円の前後のセットメニューと1980円の食べ放題があるとする。

通常、セットメニューは1回の食事として適度な量だろう。食べ放題だからといって、セットメニューの2倍以上の量を食べる客がどれだけいるだろうか。

食べ放題の客は、好きなモノだけを好きなだけ食べられるという期待感に加え、どれだけ食べても1980円という安心感に代金を支払っている。


自分の食べる量を多めに見積もるのだが、実際はそれほど食べない。

店が個別のメニューを提供する場合、注文が来るかどうかわからないが、食材は用意しておかなくてはならない。

一般に飲食店で普通に料理を提供する場合、食材のロス率は5〜10 %。一方、食べ放題は提供する料理を店側がコントロールできるので、食材のロスは少なくなる。ただし、最後の客の為にも品数を揃えておかねばならないからロスは必ず出る。

このロスを10%までに抑えることが重要で、一定以上の席数がないと食べ放題はできない。

また、食べ放題はセルフサービスが主になるので、接客に掛かる人員を減らせるというメリットもある。そして何より、食べ放題は集客効果が大きい。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。