ベートーヴェンの第九、なんで年末恒例なの?

年末になると良く耳にするのがベートーヴェンのr第九」。日本でも有名なクラシック音楽の一つだろう。

「交響曲第九番ニ短調作品一二五』は、日本では「歓びの歌』として知られているが、この「第九』が年の瀬に良く演奏されるのはどうしてだろう。


日本で「第九」が年末に演奏されるようになったのは、戦時中の学徒出陣だと言われている。

太平洋戦争で日本の戦況が悪化するなか、法文系学生で満20歳に達した者に対しても徴兵令が下るようになった。

その際、東京音楽学校(現東京藝術大学)で学徒出陣の壮行会の際に演奏されたのが『第九」。

それが今日の”年末恒例“につながっているのだという。

出征した多くの学生がすでに亡くなっていた戦後の1947年(昭和22年)12月30日、東京藝大の学生らが、戦没学生追悼演奏会を開催した。そのときに演奏されたのが『第九』だった。以降、東京芸大では年末に「第九」を演奏するのが恒例となっている。

1952年(昭和27年)には、NHK交響楽団なども年末に『第九』を演奏するようになる。

その後、日本経済の復興とともに、オーケストラ団員の資金調達などの目的もあり、年末には各地で『第九』が演奏されるようになった。
こうして、「年末には第九」という形が日本に定着していったのである。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.