お風呂で温まろう🎵入浴方法色々

寒い季節、冷えた身体を温めるバスタイム🎵至福のひとときですね。(^^)

 

入浴には身体を温めるだけでなく、様々な効果があるんですね° ✧ (*´ `*)
体が温まると、いいことがいっぱい。
血流が良くなりむくみも解消。新陳代謝も活発になります。そして体温が上昇すると、免疫力も高まります。

お風呂にはアンチエイジングの効果がたくさん✧ ٩( ๑•̀o•́๑ )و
もちろん充分な効果を得る為には、最適なお湯の温度・水量・入浴時間などを把握しておきましょう。正しいお風呂の入り方で美しく元気になりましょう。

お湯の温度は41~42℃がベター

41℃のお湯に首までつかって約15分程で体温が1℃上昇します。追い焚きできるタイプならば設定は41℃にしておきましょう。

それ以外のタイプは時間が経つと水温が下がっていきます。最初の設定は42℃程度に。

 

(。・ω・)?42℃以上のお湯はダメ?

実はかえって温まりにくい
あまり熱い温度で入浴すると、熱すぎて息をこらえて入るようになってしまいます。

そうすると交感神経が優位になり、体が緊張して末端や表面の血管が収縮してしまいます。

身体に熱を取り入れづらくなり風呂上がり
の温かさが長持ちしません。

 

 

20時〜22時が入浴のベストタイム٩( ‘ω’ )و

コンルチゾールというホルモンはストレスに反応して分泌されるのですが、14時が分泌のピークで夜中の2時には最低になります。

この周期を毎日繰り返しているわけですが、その中間の時間帯20~22時くらいに入浴すると、分泌が低下しやすくなり眠りにつきやすくなりますよ。

 

入浴後1~2時間かけて体温がゆっくりと低下して行き、副交感神経が優位になるとリラックスして眠りやすくなります。

 

 

寝着は吸湿性の高いものを

せっかく体を温めても汗をかいてそのままにしてしまっては身体がが冷えてしまいますよね。
入浴後は汗をシッカリ拭き取り、吸水性の高い素材の寝着を着用しましょう。

化繊のモノよりも絹やコットンの天然素材系が良いです。吸水性が高くて乾きやすい天然素材(絹やコットン)が良いです。

 

 

入浴剤を使って入浴🎵

オススメは「炭酸入浴剤」です。

 

ナトリウム塩を豊富に含むため、熱が伝わりやすく、お風呂から出ても皮膚にナトリウム塩の結晶がつくので、保温の効果も。

そして炭酸に含まれる血管拡張作用で血流がアップ⤴︎
炭酸入浴剤を使うときはお湯を揺らさず静かに入りましょう。せっかくの炭酸ガスが抜けてしまいますからね。

 

足元を冷やさない準備を

お風呂から上がって最初に冷えはじめるの
が足先です。入浴前に靴下やスリッパ、足元を冷やさない様に用意して、入浴後は足の水気をタオルで取ったらすぐに靴下やスリッパを履きましょう。

これで足元からの冷えを防げますよ。

 

足首を動かして血流アップ⤴︎

入浴中に足首を上下に動かしながら入浴するとふくらはぎの筋肉が動いて下半身の血液が心臓に戻りやすくなります。血流量がアップして冷え辛くなります。

 

 

むくみ解消

水圧のマッサージ効果で体の表面を覆う血管・リンパ管が刺激されます。血流もリンパ管を流れるリンパ液の流れも良くなりむくみが解消します。

 

血流アップ効果

お湯の熱は、空気の熱伝達の約3700倍。
つかるだけで血流がよくなり血管が広がるってさらに血流がアップします。

首までつかれば、体の約90%もの表面の温度を上げることができます。

 

デトックス効果

お風呂につかって体に水圧がかかると静
脈の血液が心臓に押し戻されます。

心臓の動きが活発になると腎臓にも血液が送られ、体内の老廃物を濾過します。尿として排泄されやすくなるのです。

 

疲労回復効果

血液中の疲労物質や老廃物が、血流がよくなることで取り除かれるので

疲労も回復(*´▽`*)

 

免疫力アップ効果

入浴によって体温を上げると、ナチュラルキラー細胞という免疫系の細胞が活性化したり、ヒートショックプロテインという細胞を修復するたんぱく質が出現します。

細胞をリフレッシュしてくれますよ。

 

 

新陳代謝アップ効果

入浴によって体の表面の温度が上がると、低温の血液が体の表面へ送り出されて血流がよくなります。

新鮮な酸素・たんぱく質などが、末端まで運ばれる為、新陳代謝が良くなります。

 

 

清浄効果

お湯には皮膚の汚れとなる皮脂・古い角質を取り除いてくれる効果があります。

お湯につかるだけで、古い角質がはがれ落ちていきます。

 

 

 

ひと頃ブームになった半身浴。普通に浸かるよりゆっくりのんびり♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

お気に入りの本やスマホを持ち込んでのバスタイム♥
首まで浸かった入浴の場合は約15分がベストタイム。

ちょっとぬるいかな?くらいのお湯にじっくり浸かると湯上りの暖かさを維持できます。

 

では半身浴の場合は?

 

直にお湯に浸かっている部分は体の約60%。

普通に入浴するのと比べ、体温が1℃上昇するのに約1.6倍の時間が必要。

半身浴で41 ℃のお湯に20~25分程度浸かると体温が1 ℃上昇します。

お湯の適量はみぞおちくらいまで。肩などの上半身は冷えないように乾いたタオルなどかけておきましょうね。

 

冬場に使うシャワー。浴室が寒いとなかなか身体が温まらないですよね。

シャワーでも上手に体を温めるには42~43℃くらいのちょっと熱めのお湯を太い静脈が通っている

首の後ろ・脇の下・太もものつけ根を中心にお湯をあてると体の温まりが早いです。

 

そしてシャワーを浴びる時間。

 

夜よりも朝がおすすめです。
熱の刺激を受けることでホルモンが活性化して体が活動モードに入りやすくなりますよ。

 

 

お風呂に入れない?では足湯で温まりましょう

入浴より長めの時間、30分程度足をつけていると体温が1 ℃上昇します。
下半身から温まるので、腰を痛めている方にもオススメできます。

 

ポイントとしては

  • 上着を着込む
  • ふくらはぎまでお湯に浸かれるとベスト
  • 足し湯を用意してぬるく感じたら足す
  • 30分程度入る
  • ふともも周りにタオルケットなどを利用
  • 入浴剤を入れる

 

お風呂のお話、いかがでした?

身体を温め寒い時期を乗り切りましょう(*^^)v

 

 


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

まだデータがありません。