日本の紙幣は技術の結晶。

生活していく上で何をするにも欠かせないお金だが、私たちが使っている日本の紙幣、実は世界からみてもトップレベルの技術が集約されている。

紙幣の真ん中に透かしが入っていることはモチロンのこと、それ以外にもたくさんの技術が導入されている。

例えば、日本の最高額である1万円紙幣を例にとってみると、紙幣を傾けると色が変わるホログラムであるとか、地紋にとても小さい字で「NIPPONGINKO」「10000」と書いているマイクロ文字、光の加減で左右の余白部分にピンク色を帯びたバール光沢の半透明模様が浮かび上がるパールインキなど、数々の工夫が施されている。
1枚の紙幣になぜ、これほどまでの技術が導入されているのかと言うと、それは偽造防止のためだ。

アメリカやヨーロッパでも偽造防止のためにハイテク技術を導入しているが、2004年から発行されている一万円札にはその貨幣価値以上の世界最高レベルの技術が詰め込まれているのだ。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.