雪を増やす細菌?そんな細菌がいるの?

晩秋の頃、思ったよりも寒くないのに、外に出しておいた鉢植えの観葉植物の葉が、翌朝霜で真っ白。。。そんな経験はないだろうか。

この霜の害、水が凍るほど気温が低くならなくても起こる。


水滴ほどの大きさの水の粒なら、マイナス5〜6度でも凍らないはずなのに、葉の上ではマイナス2〜3度で凍ってしまう。なぜこのような現象が起こるのか、1980年代に入ってから、ようやくこの原因が解明された。


何と、水が凍るのを促進する細菌が葉の上にいて、それほど低い温度でなくても氷をつくってしまっていたのだ。

この細菌は氷核活性細菌といい、カナダ北部などの氷雪地帯で氷を材料に住処を作って暮らす民族のように、自分の周辺を氷で覆い、寒さから身を守っているらしい。

この細菌に利用価値はあるのか?と思われるかもしれないが、雪不足に悩むスキー場などで既に利用されている。ゲレンデに散布しておくと約30〜60%積雪量が増すのだそうだ。

1998年、カナダのカルガリー冬季オリンピックでは、この細菌を造雪源として人工雪を作ったというから、なかなかに利用価値のある細菌だといえる。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください