人の細胞の中にある自滅するシステム。アポトーシス。

ヒトが人間という形を維持できていることは一種の奇跡と言える。

人間の体はおよそ60兆個の細胞で出来ていて、それぞれの細胞は新陳代謝により、日々、誕生と死を繰り返している。


アメーバなどの単細胞生物ならば単純に増殖していけば良いが、人間という生物である以上、体内にある細胞は、それぞれが個々の役割を果たしつつ、余分な働きや細胞分裂があってはならない。

人間の体には不要な細胞を排除するシステムが組み込まれており、これがアポトーシスと呼ばれるものだ。

これは言うなれば、細胞の自殺装置。各細胞にはアポトーシスを起こすプログラムが用意されているのだ。

たとえば皮膚細胞は、新陳代謝によって新しい細胞と入れ替わるとき、古い細胞がアポトーシスによって死ぬようになっている。

アポトーシスがあるからこそ、細胞数が増えすぎたり、また減りすぎたりすることがないのだ。

また、アポトーシスは、がんの予防などにも不可欠といわれている。

通常、外から入ってくる病原菌は免疫系細胞によって排除されることで重篤化しないように処理される。

しかし、やっかいなのは身内に出た病気で、たとえば細胞分裂をコントロールする遺伝子が激しい損傷を受け、がん化したとする。

これを免疫系細胞に処理させると,免疫系細胞はがん化した細胞の情報を覚え、その後、よく似ているがん化する前の正常な細胞も攻撃しようとしてしまうのだ。

これを自己免疫疾患という。
この自己免疫疾患という病気を防ぐのに役立つのがアポトーシスだ。

不要な細胞や傷ついた遺伝子を自滅に追い込むことによって、免疫系細胞による誤認を避けているのである。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

まだデータがありません。